谷井のキバシリ

今は金の価値が上がっている時代です。金製のアクセサリーなどは、家にずっと眠ってはいるけど、年齢に似合わなくなってしまったりして処分を検討している人もいるでしょう。捨てるのもしのびないという人は、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。でも、ここで落とし穴があります。メッキ加工の偽物の場合もあります。そのようなケースでは、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。少し前の話ですが、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。それまでそういうお店とは縁がなかったため、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、試しにネットで検索してみたのです。そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。金の買取店ばかりが集まっているエリアがあることがわかったので、中でもお勧めと書かれている店に持っていきました。店員さんの対応も丁寧だったし、思った以上の値段が付いたので満足しています。ここのところ、金相場の高騰に伴って、いわゆる「金プラ買取」系のテレビCMをよくやっている印象です。街頭だけではなく、ネットにおいても、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。いくらかでも現金になるのなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。金の買取を利用する上で、気にすることは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。広告に出ている買取額以上に、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性をよく調べてから利用しましょう。ネットのレビューで評価が低い店などは利用しないほうがいいでしょう。素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、見た目の買取額だけ釣り上げ、手数料やその他の名目でお金を取る場合もあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。対して、偽物を見抜く方法も色々あります。磁石、刻印の入り方に加え、比重計があれば刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、金の表面を少し削り取ることで、簡単に見分けられます。この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。せっかくの金買取。必ず気にしなければならない点としては、相場について正しい情報を持っておくことです。できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、相場を小刻みに確認しておき、最も得する時を狙って売却するのです。金買取では、申込時の相場により買取額が変動するというケースが多くなっています。上手く相場の波に乗り、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。この中には初めて金買取を利用する方も多いと思います。まず重要なことは、店の選択がすべてです。店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、買取までの流れや、振込ならそのタイミングなど、見るべき点は多いです。また、初めて利用する際には、他のどんな条件よりも、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。それを測る上で使えるのは口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。目についた中で最も口コミの良いお店を優先して利用するのがいいでしょう。昔もらったけど今ではもう使っていないような金やプラチナのアイテムの処分に困っている方もいるかもしれません。最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、どこが一番高値を付けてくれるか色々と見て比べてみるといいでしょう。また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、情報収集を怠らないことが肝要です。最近はやりの金買取。色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらう形が基本であるといえます。鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、適切な価格で買い取ってくれるので、郵送買取などと違って安心できます。お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っているケースが最近は多いですから、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で手続を進めることができるようになっています。頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、しつこく金を買い取ろうとしてくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、被害を訴えるケースが最近増えています。このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないのを覚えておき、いざという時に備えてください。家のタンスなどに眠ったままの金やプラチナの装飾品があったら、買取に出すのも手です。しかし、どこの店舗に持っていくかによって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、複数のお店の情報を比較検討して高額買取している店を探してみるのが吉ですね。高価な品物であればあるほど、店の違いによって金額も大違いになりますから、店の選択には注意しましょう。不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。営業の電話は普段から色々かかってきますが、金買取の話はこれまでになかったので、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。電話の人が説明してくれたところによると、貴金属製品で処分を検討している品物があれば買い取ってくれるという内容でした。丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。近頃は、多くのお店で金買取を取り扱うようになったので、ネットで情報収集することもお勧めです。貴金属は相場の上下によって売却額が大きく変動しますから、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、近所のお店に考えなしに買取を依頼すると、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。なお、自宅まで突然やってきて買取を申し出るような業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、もう何年もご無沙汰という貴金属のアクセサリーをそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。「でも実際使わないし。」そんなあなたには、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。主な買取対象といえば金ですね。24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額の臨時収入が期待できます。相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。刻印のあるものだけ買い取ってもらうとしても、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。これまで金の買取を利用したことがない場合、一番肝心なお店選びの段階で慣れていないと悩む人が多いみたいですね。どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのは利用客としては当たり前の話です。いいお店を選ぶ時の要点は、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。多くのお客さんから高く評価されているお店なら、お客さんからの満足度が高いことを示しており、参考になります。3%→5%→8%と上がってきた消費税。金の購入時にも、もちろん消費税も課されるのですが、ここからがポイント。金を買取に出す際には、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、その後の売却によって、消費税の増税分を得できることになります。消費増税サマサマじゃありませんか。また、消費税の安い日本で買った金をハンガリーやノルウェー、スウェーデンなど消費税率の高い国で売却するなどの方法も考えられます。高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも解決法としてアリでしょうね。金やプラチナなどの買取ショップでは、未成年への利用規制が設けられている場合が多いです。なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないというのが原則です。ごくまれに、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。しかし、たとえ親の同意があっても、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。買取価格には自信があります、という宣伝を信じて買取を利用してみたら、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で最後は半ば強引に買い取られてしまった、などの話はネットを見ていても散見されます。多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中にはこうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、よく見極めたうえで利用しないといけません。自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。原則として、18歳未満の子供は、古物営業法という法律の定めるところにより、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。さらに、法律の趣旨を拡張する形で、店が独自に制限を課している場合があり、成年に達するまでは古物売買の利用はできないところがほとんどです。未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、親の同伴か、同意書の提示が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。今は1グラム5000円ほどです。純金でなければ当然それより安い額になります。これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上になるような18金は、重さで言えば大体570グラムといったところでしょうか。18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、買取手数料などが無料、あるいはなるべく安い店舗を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくといった工夫もできるといいでしょう。持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。金買取がメジャーになった現在では、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を看板に掲げています。一例を挙げると、リサイクル・ショップなどです。自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、金やプラチナの買取を大きく扱う事例が現在では多くなっています。鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。金買取の利用を検討している場合は、質屋や金買取専門店と比較検討してみましょう。買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたらその額で買取してもらうかを決めればいいのです。営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人を対象としたサービスといえるでしょう。もう身に着けなくなり、自宅で眠っている金の装飾品は案外多いのではないでしょうか。知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、買取店に持ち込んで買取してもらうことも有力な選択肢ですね。そうした買取を専門としているお店も街頭、ネット問わず多いですから、実際にその品物が何円くらいになるのか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。先日、祖母が鬼籍に入り、形見の指輪などを相続で受け取ったのですが、中にはあまり保存状態がよくないものもありました。最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、友人から直接の口コミもあり、思い切って行ってみることにしたのです。実際のところ、店員さんの対応も丁寧で、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。買取額も十分納得できるもので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、ネットを通じて郵送で買取を進める場合にも同じように本人確認が求められます。最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を提示する必要があります。商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、身分証のコピーを同時に送ることによって店はお客さんの身分確認を行います。金の買取を掲げている店舗では、装飾品以外にも、様々な商品を現金化することができるのです。金製品を買い取るなどと言われると、投資目的の地金を連想する人が多いでしょうが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。意外なところではメガネなどです。金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯も買取ショップでは売却することができます。資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、ある程度の資産がある人がよく行っているのは、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。自分がそういうお金持ちではなくても、知っておきたいのは、金をどこで買うかということですね。自分も金による資産保全が気になるという方は、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時も贋物の心配などと無縁で済みます。